ウィンブルドンより

今日の本戦1回戦、マレーバに2-6,6-7で負けてしまいました。
ファーストセットあまりにもあっさりいかれてしまったので、相手にノンプレッシャーだったのがよくなかったと思います。セカンドから自分の動きが徐々に良くなってきてはいたんですが、デュースからや、タイブレーク5-5、6-6からの後1本が取りきれなくて、リズムを最後までこちらに引き寄せることができなかったと思います。

今日の試合は1番コートに入ることが急に決まって、センターコートと同じようなコートだったので、一つのコートを全員が見てるという中で、「やっぱりこういう本場でテニスできるということは幸せだな~」と試合中に思いながらも、試合には負けてしまったけれど、極力プレスインタビューでも、いつもの明るさで終えたものの、やっぱりホテルに帰ってきてからは悔しさと、2005年のウインブルドンが終わってしまったという寂しさとがあり、こういう気持ちに今後ならないように日々の練習&トレーニングをしっかりやっていこうと思いました。

まだまだ荒削りなテニス選手ですが、どうぞこれからも応援よろしくお願いします。